クリトリス調教

「赤貝に米粒乗せたらクリトリス」
僕の横で赤貝の握りを食べていたトモちんが、シャリの一粒を赤貝の上に乗せて、嬉しそうに僕に見せてきた。俳句査定ならばぶっちぎりで最下位の才能ナシだ。しかし、僕はこの一幕でトモちんに惚れた。下ネタに憶しない明るい女の子は僕の大好物だ。
こんな感じのトモちんとの始まりはエンコーだった。彼女もご多分に漏れず「お金欲しい女子」だったのである。初めて会ったトモちんは見るからにみすぼらしかった。肌は荒れているし痩せぎすだし、着ているものはスーパーで大根やら人参と一緒に並んでいそうな野菜色の安っぽそうなジャージと言う絵に描いたような「お金なくて困ってます」状態だった。
お腹が空いていそうだったので「何か食べていく?」と聞くと「一生に一度はお寿司を食べたかった」と末期みたいに言い出したので、手ごろな寿司屋に連れてきたのである。
カリビアンコム
これがトモちんとの出会いだった。やせっぽちだったトモちんだったが、会うたびに僕が寿司をおごり続けた成果、次第に肌の張り艶が増していった。そして、1年後には、ふっくらとしてきて女性としての艶気を放つようになっていた。
契約は契約だったのでセックスもしてきた。これもまた、経験の浅いトモちんは、イマイチ感じどころが悪かった。セックスと言うものは、ただ男性から挿れられるお金儲けのための行為だと思っていた節である。そこで僕はクリトリス調教をした。もちろん、トモちんといいセックスをしたいと言う思いはあったが、それ以上に女としての悦びを、そして男性とセックスすると言う価値をトモちんに知ってほしいがための性感開発だった。そのためのクリトリス調教だったのだ。
その結果、米粒みたいだったトモちんのクリは肥大化して、僕はトモちんを初イキに導くことができた。おそらく、トモちんが変わったのはお金に困らなくなったこともあるが、それ以上に女性の価値を知ったからだと思う。
やがて、トモちんとの別れがやってきた。就職が決まったので援助交際からは卒業だと言う。恋人として関係を続けたいとも思った僕だが、それは許されることではない。選択権は自立したトモちんの方になる。
「赤貝に銀杏乗せたらクリトリス」
すっかり女らしくなったトモちんだったが、赤貝に焼き銀杏をのせて、嬉しそうに僕に見せる笑顔は、会った時と何ら変わっていなかった。
エロイプ
マンコ画像

筆おろしサイト

 24歳の大学院生です。
この夏、とてもステキな経験ができました。
筆おろしサイトで知り合った35歳の人妻に、初体験をさせて頂けたのです。
草食系で内向的な僕でしたが、人妻の優しいリードで、見事に男になれたのでした。

 性欲は、ちゃんと持っています。
内向的で装飾とは言っても、男としての機能は正常。
だけど、現実の世界で積極的に求める気持ちと言うのは、気恥ずかしくて持てませんでした。
ただ、性的な興奮をもっと味わいたい気持ちも強く、ネットの世界なら匿名性もあるから、求めても良いんじゃないかな?という気持ちになった、この夏。
筆おろしサイトを利用して、生まれて初めての異性の肉体を味わうつもりで、利用してみました。

 メールした中で、とにかく盛り上がって話ができたのが、35歳の人妻でした。
三咲さんは、家庭内がセックスレス。
子供も旦那さんもいない昼間の時間帯は、自由時間だと言うことも教えてくれました。
筆おろしサイトを利用している人妻だし、空き時間まで教えてくれるのだから、チャンスは大きいなと思いました。
メールも順調でしたから、LINEで通話にもなっていきました。

 三咲さんは、タレントで言えば吉岡里帆に少し似ているような感じでした。
「童貞は嫌いですか?」
筆おろし
「そんなことないよ。何人かの童貞くんと関係を持った経験もあるし」
そう言われてしまうと、ますますもって2人の未来は明るいものなのではないか?という妄想が膨らみます。
三咲さんと、あれこれ話を進めた後に、待ち合わせを決められてしまったのでした。
こういった関係がなかった自分は、何となく狐につままれているような感覚でした。

 ホテルの中での出来事なんだけど、思い出すだけでも興奮が蘇ってしまいます。
三咲さんは、チンコを触りながら「大きくて太くて、とても立派なのね」って言ってくれました。
さも、愛おしそうにチンコを刺激、そして熟女のフェラが始まったのです。
セックス大好きな人妻のフェラチオで、メチャクチャな興奮と快楽を覚えてしまったのでした。
童貞には体に毒なほどの気持ちよさ。
オマンコに挿入したら、もっと気持ちよくなるんだろうなと、思わず想像してしまった瞬間でもありました。
初めての女体を味わい尽くし、そして念願のインサート!!
本当に不思議ですよね。
初めての挿入なのに、腰が自然に動いちゃうんですから。
こういうのって、本能ってやつなのかな?
正直言ってしまえば、筆おろしサイトを利用して大正解だと思えました。
デリヘル業者
プチ援助交際

セフレをハッピーメールで見つける

俺の友達はバカだなと思いました。セフレをハッピーメールで見つけると言って本当に見つけたのは良かったのですが、その相手の女性を写メを見せてもらったらかなりのブス。Hが出来れば誰でもいいと言う友達。だけど、もう少し可愛い子いなかったのかと思ってしまいます。
ところが、その女性は見た目とは裏腹に友達とセフレ関係になっていてもまだセフレをハッピーメールで見つける事をしていました。その事に気づいた理由は俺もハッピーメールでセフレではなく彼女か友達が出来ないかなと探していた時に女性を発見したからです。一度友達に写メを見せて貰ったこともあって友達のセフレだとすぐに気づきました。女性の紹介文では彼氏募集など載っていました。本当に変な女性とセフレになったなと友達に対してそう思いました。
セフレをハッピーメールで探す
しかし、もう少しその女性のことが知りたいと思ってしまった俺は女性にメールを送ってしまいました。俺も写メをプロフに載せていたこともあってしばらくして女性から「見た目もタイプ。趣味もアウトドアなんて同じ。」と、返信がありました。絶対嘘だと思いました。
メールを続けて1週間後に女性から会いたいと言うメールが届きました。正直俺も同じ気持ちだったので会ってみることにしました。実際に会うと本当にデカイ。よく、友達はこんな女性とエッチしたなと思ってしまいました。食事をした後女性から「まだ、帰りたくない。もっといたい。今日は一晩中一緒にいられないかな。」それは無理だと思いやんわり断りましたが泣かれてしまい、結局俺の家でやってしまいました。友達のことは言えず俺もバカだなと思いました。
プチ援助交際
プチ円

25歳独身男性会社員の淫乱の話

仕事上のトラブルや嫌な仕事は、私にとって大きなストレスになる原因の一つです。
年齢的にまだ25歳ですからそれほど先輩というような状態ではなく、まだまだ見習い的な存在ですから日々ストレスを感じるのは当たり前なのかもしれません。
しかし、やはり同じ人間なのですから、そんなストレスは発散したいものです。

さてどのように発散するべきか?そう考えた時、スポーツや旅行など色々考えましたが、私も男である以上女性とセフレ的関係を持つことでストレスを発散させたいと思うようになりました。という訳でさっそくインターネットを通じて共通の目的を持つ女性を探しました。
探し始めて一週間・・・意外と早く見つかり、本番までスムーズに行けたのですが驚いた事に相手の女性はメス豚並みの淫乱女性だったのです。
私自身淫乱と関係を持つ事は初めての経験だったのですが、そのメス豚ぶりというか淫乱というものにすっかり魅了されてしまいます。
どの程度が普通というのかわかりませんが、ベットの中で我を忘れ夢中になる状態が簡単にストレスを忘れさせてくれ逆にメス豚女性というものに虜にされてしまったような気がします。
でもそれで良かったのです。

実際、ストレスがほとんどなくなり、仕事上の悩みもそれほど思い詰める事がなくなってきたのですから、これほど嬉しい事はありません。
現在進行形でそのメス豚との付き合いは続いていますが、会えばすぐに欲しがってくれるその姿は最高ですし、また求められる嬉しさというのも心地よく感じるものです。
自分が欲しいだけでは何となく冷めてしまいますが、相手も欲しがってくれたのなら毎回気持ちも高揚すると思います。
夢中になる事で、一瞬かもしれませんが仕事の辛さを忘れさせてくれます。
今となってはこれがメス豚を求めてしまう大きな理由となっているのです。

今日も忙しい一日となり、ようやくお昼の時間となりました。今までの私であればここからエンジンが掛からないのですが今の私は全く違います。
「さて、早く仕事を終わらせようか?」そんな気持ちにさせてくれるのは、仕事終了後に待っていてくれるメス豚という素敵なパートナーがいるからなのです。

34歳独身男性会社員のセフレの話

私はバツイチで以前の妻とはセックスレスが原因で離婚しました。
以前の妻はセックスに対してかなり淡白すぎる性質の女性で、正常位でしか私とのセックスは許可しませんでしたし、フェラチオも一切してくれない女性でした。
私はそんな妻に愛想を尽かし、性の不一致が原因で離婚届を出して妻と離婚し、現在はインターネットの出会い系サイトで見つけて出会ったセフレの21歳の女子大生と定期的に会って彼女のマンションか私の自宅マンションでセックスをする日々を送っています。

セフレの21歳の女子大生の彼女とは私がインターネットの出会い系サイトで最初はお小遣いの伴ったお付き合い相手を募集していた時に返信メールをくれたのがきっかけとなって出会いました。
彼女は日頃からインターネットの出会い系サイトを利用して割り切ったお付き合いをしていたらしく、私の当初のお小遣いの書き込みに対していつもの様にお小遣いを貰う為に返信メールを送った、と後に私に話してくれたのでした。

彼女とはお小遣いを伴ったお付き合いを続けていく内に段々とセフレにしたいという欲求が出てきた為、私は彼女にセフレとしての契約が出来ないか尋ねた所、彼女はセフレで何の問題も無い、という事で了承し、お小遣いなどの金銭契約が発生しないセフレの関係に私と彼女は移行していったのです。